テクノブレインブログ~ばらと通信
(株)テクノブレインは札幌市北区東茨戸にあるレンガづくりの工務店。当ブログでは日々の出来事や、住まいづくりに関するお得な情報やイベント情報などをお伝えしていきます!
プロフィール

テクノブレイン広報

Author:テクノブレイン広報
株式会社テクノブレイン
新築・リフォーム・外壁レンガ・エクステリア・介護福祉リフォーム・KGハーブマット・光触媒など、健康・快適・安心の住まいづくりをモットーに、札幌市北区東茨戸に根を下ろす地域密着型の工務店です。

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森にかえろう~里山との出会い その1~
テクノブレインは現在、「森に帰ろう」というスローガンを掲げています。
このスローガンは、健康・快適・安心の住まいづくりを進める中で、家を建て、暮らすという人の営み、その根本にある自然との向き合い方を再認識しようという思いから名付けられました。

さて、今回は、そのスローガンの基に現在取り組んでいる活動についてご紹介します。

2006年から弊社は、北海道勇払郡厚真町にある本田農場さんの里山作りに参加しています。
この農場の山林には、唐松やコナラ、ミズナラ等の樹木があり、その間伐材を住宅の建材として利用する取り組みを行っています。

森は、人の手が入ることによって豊かになる。
この事実は、ほんの15年前まであまりしられておらず、全国的に里山を見直す動きが盛んになっている現在でも、しっかりと管理された山林はほとんどないとのこと...。

そうした現状の中、この本田農場さんの里山は、この周辺地域の山林に詳しい昆虫学者さん曰く、動植物の種類が多く、豊かな生態系が育まれているとのこと。
その理由は、間伐にあるようです。

それでは、先日訪れた際の実際の里山での活動をご覧下さい。
緑豊かな森林、そして裾野に点在する沼、とても美しい風景が広がっています。

162.jpg

その山林の中で、一本一本の木の生長を見ながら、間伐に適した木を吟味し、切り出します。
この作業は、とても重労働ですが、豊かな森を育む為に一番大切な作業なのです。
代表の本田さん曰く、最終的に10m間隔で樹木が点在することが理想なのだそうです。
木を見つめる本田さんの表情は、まるで我が子を見つめる父親のようです。

107.jpg

109.jpg

切り出した木は、氷の張った沼に運びます。
この沼には、この知己にしか生息していないエビやトンボが多数繁殖しているそうで、生態系の豊かさを裏付ける生き物たちの宝庫となっています。

175.jpg

こうして沼に運び込まれた木々は、1~2年ほど水につけ、その後乾燥し、狂いの少ない木材へと製材されます。
一本の木材を作るのにこれほどの時間と労力、そして自然環境が作用していたことを、この里山活動を通じて知ることができました。

080.jpg

049.jpg

弊社では、たびたびこの本田農場を訪れ、間伐や薪割り、製材等のお手伝いをしています。
里山の豊かな自然の中で、汗を流し、労働の喜びを噛み締めるとても贅沢な時間です。

IMG_8647.jpg

*2007年秋/薪割りに精を出す弊社社長

そしてもう一つ、贅沢な時間は、お昼の焼き肉タイム。
いつもお邪魔し、作業をお鉄出させていただいた後は、参加者の皆さんと、自家製の炭を囲んで昼食をとります。
これがまた至福の一時なのです。

IMG_8653.jpg

*2007年秋/もしかしたら弊社社長は、これを一番楽しみにしているかもしれない・・・。

この本田農場では、この他に、お米の生産、キノコや山菜、そして自家製の炭を生産しています。
どれも里山の素晴らしい自然がもたらす一級品ばかり。

今後も、当ブログやイベントを通じて、お客様にご紹介いたします。
この取り組みに関して、ご興味のある方やご質問のある方は、ぜひ一度ご連絡ください。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。